かわいいキッズがモデルになって世界の時刻をおしらせ。 そうたんとゆいたんもモデルになってます。

2014年11月27日

私の周りの不思議な出来事

私の周りの不思議な出来事

フトアゴヒゲトカゲのアポロは2年程前から原因不明の拒食状態に陥り、

2〜3日毎の強制給餌、体調を崩しやすく

月に2度3度と病院に通う生活でした。

そんなアポロも、今年10月3日力尽き、虹の橋へ行ってしまいました。
 
H26/10/4 アポロ1.JPG




同じ時期、体調を崩していたトゲオアガマのネルは

今月に入り食欲はあるものの下半身の麻痺が現れ、

レントゲンで腰椎が3cm程くっついた状態で神経麻痺をきたしていると

診断されました。1ヶ月前のレントゲンでは骨に異常がなく、

今後進行して行くかもしれないと言われました。


11月20日、アポタンの49日でした。

元気に走り回るネルと久し振りにヤギとの可愛い写真を撮って、


H26/11/20ネル2.JPG


H26/11/20ネル1.JPG


後ろ足を引きずって歩くネルに車いすを作ろうとYUUと話していました。

その翌日、ネルは突然虹の橋を渡って行きました。


     image.jpg

YUUが見つけた時は硬直も無く、本当に亡くなった直後だと思い

心臓マッサージもしてみましたが戻って来てはくれませんでした。

相次ぐ哀しい出来事に、

種類は違っても一緒に温浴したりお散歩した仲良しだった子達だから、

お迎えに来てくれたのねと自分を慰めていました。

でも、ブログのお友達からも

「ネルたんが、これから病状が進行して苦しまないように

アポタンがお迎えに来てくれたのでしょう」

という言葉が寄せられ、そうなんだとアポロのお迎えを確信しました。
 


実は、ブログにも書いていなかったのですが、

ネルが亡くなる2日前にもう一匹のトゲオアガマのアドたんが

ゲージから脱走していました。

アドたんは、ご存知の方もいらっしゃいますが

ペットショップで劣悪な環境で飼育されており

痩せ細り見るに見かねてウチにお迎えした子でした。

毎日部屋中を探しても見つからず、


1週間が過ぎもう駄目かもと諦めかけていました。



今日、ネルの初七日に遺骨でメインストーンを作りました。

帰って来て、娘が部屋にいると机のしたからカサコソ音が・・・

見てみるとあれほど探しても見つけられなかったアドたんがいました。


         ’14/6/新入り.JPG


脱走して9日も経つのに元気な姿で戻って来てくれたのです。


「ネルたんがアドたんを探して連れて来てくれた」

と言う思いが広がりました。
 

49日・初七日と法要のたびに起こる不思議な出来事。

亡くなった子供達がいつも、どこかで

私達の事を見守っていてくれると感謝の想いでいっぱいです。


愛する子供達(ペット)を亡くし、哀しみに暮れる方達にこの事を

お話してあげたいと思いました。

決して、

ペットと離ればなれになってしまったのではないこと、

いつまでも心は繋がっている事を。

 


タグ:ペット
ニックネーム くぅママ at 23:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする